男は年収・学歴・容姿と同じく、通常時のちんこの大きさで上下関係が決まる

平常時の小さいちんこは男同士の格付けや上下関係で不利

すでにある程度の年齢で、結婚していたりすると、通常時だろうが勃起時だろうがちんこの大きさなんて関係ないと思っている男性も少なくないと思います。

または、自分は勃起したら膨張率がすごいから自信はあるという人もいるかもしれません。

女性との性行為の際には、勃起時のちんこは強力な武器になります。

しかし、男性同士の格付けは通常時のちんこサイズで比較されます。通常サイズが小さいことで負けてしまえば屈辱的な気分を味わうことになります。

体験談でもご覧いだけるように、ちんこが小さいと器も小さいと判断されがちなようで、さらに皮が剥けて亀頭が被っていれば、それもマイナスの要因になります。

金持ちでイケメンでも平常時のちんこの大きい男性にはかないません。昔からリスペクトされるのは平常時にちんこが大きい男性で、その優越感には敵いません。

いくつであっても将来にはプラスしかないのですから、今ここでペニス増大サプリメントなどでちんこ増大の対策をするのもひとつの方法です。

ちんこが小さいことは人生においてネガティブな要素となる



通常時の陰茎が小さいけど勃起したら平均サイズ

「自分は膨張率が凄いから」「勃起したときに平均サイズ越えだから大丈夫」など、いくら説明したところで、通常時にちんこが小さいと男性同士の間では通用しません。体験談からも無駄な会話と認定されています。

反対に、言い訳がましいと格好悪い思いをすることもあるでしょう。

例えば、通常時はポークビッツか小指くらいの小さいサイズしかなかったとしても、勃起すると驚くほどの膨張率で大きくなる男性もいます。

ただ、男性同士で比較する場面で一人だけ勃起しているのは明らかに変だと思います。

そういった意味でも、通常時の陰茎サイズが小さいことはデメリットしかないので、お試しでもペニス増大サプリメントを試してみるもの良いのではないでしょうか。

陰茎が小さい人のメリットとしてはスポーツ時に邪魔にならないことや、タイトなデニムを履くときもすっと穿ける程度で圧倒的なメリットとはいえません。

間違いないのは通常時だけでも比較して小さいちんこや包茎だったりすると、その場でなくてもばかにされたり、笑われてしまったりと、コンプレックスを助長する結果になりかねないということです。

これは、日本の話だけでなく世界共通で、しかもいくつになっても起こりうることなので、一生この先付きまとう問題なのは間違いないでしょう。

馬鹿にされるのは通常時の小さいちんこ

反対に女性は通常時の大きさは比較しない

男性同士の話とは別に、女性は通常時の大きさは元彼などと無意識に比較することはありません。

はっきり言うと、普段は小さいちんこでも、セックスの時に大きなって満足できればそれで良いのです。

勃起した状態で小さいと、当然馬鹿にされてしまうこともあるでしょう。

そして歴代彼氏との比較やランキング、格付けをされてしまうでしょう。

ギャップ好きの女性にとっては平常時は小さいちんこだったとしても、口でしたり触ったりするうちに、驚くほどの膨張率をみせることができれば、かなりの高ポイントになりそうです。彼女が触って大きくなるのは本人にとってもうれしいはずです。

自分と性行為をすることで大きくなっているという感覚が女性にとっては嬉しいことといえるのでしょう。

男性同士とは全く逆で、女性に勃起していない状態をみせることはほとんどありませんよね?

そういう意味では通常時のペニスの大きさにこだわっているのは男性だけという話になります。

同性にはどう思われても気にしないという方は、特に亜鉛やアルギニン、シトルリンなどが入ったペニス増大サプリメントは必要ないかもしれません。

女性は勃起時の大きさだけ比較します

自慰の回数

通常時の大きさは年齢を重ねるごとに重要になる

性行為以外にも男性は年齢とともに、通常時のペニスサイズへ見た目の大きさがかなり重要な要素となってきます。

年下の同性に対するものが一番かもしれません。

社会生活で立派な地位を得たり、財産をきづいたとしても、男性としても器の大きさはペニスの大きさで測られてしまうことがあります。

ペニス増大手術を受けたり、ペニスに真珠を入れたりするなど、ある程度の年齢になって通常時のサイズを意識している男性がいるのはそのためでしょう。

裸の付きあいがないのであれば、それも必要ありませんが、会社でトイレに行かないわけにはいきませんし、社会的な成功者こそ、どのくらいのものかと先入観を持たれがちです。

通常時の陰茎が小さいと、何もしていないのに落胆されたり、残念に思われたり、馬鹿にされたりというケースがあるようです。

そういった意味では中高年になっても、同性の視線を気にしなければならず、それはいくつになっても変わらないということです。

女性は男性の勃起時を比べる事しかしない

通常時のちんこの大きさで男性社会を勝ち上がれる?

男性社会においては、通常時のちんこの大きさですべてが変わってくるといっても過言ではありません。

物差しとしてのマウンティングは、容姿が良かったり、年収が高かったり、高学歴であったりなどの要素があります。

もちろん、格付けには上であるに越したことはありません。

そんな優先要素をひっくり返ることができるのが、ちんこの大きさになり、そのサイズは通常時であることですので、小さかったり剥けていないと当然のことながらチェックされます。

男性社会は平常時のちんこが大きければうまく勝ち上がることも可能です。

学生時代のことを思い出してください。勉強ができず、運動もできない、地味な非モテ男が修学旅行で平常時のちんこがとてつもないサイズだったのを披露した途端、誰からも一目置かれ、不良のいじめにも合わなくなった例を思い出すかもしれません。

40歳50歳と年齢を重ねても屈辱的な敗北感を感じることはあり、やはり男性のものさしは陰茎のサイズが関わってきて、それはイコール男性の器の大きさに繋がるのです。

逆に、今まで努力をして積み上げたことが一気に崩れてしまうほど、大きな要素だったりします。

男同士の付き合いと言えば、社員研修旅行やゴルフ、ジム、サウナ、会社のトイレの隣同士などで、通常時の小さいちんこを見られた時点で一気に格付けの上下関係が入れ替わってしまうほどの事件になります。

どれだけ仕事ができても、人一倍の年収を稼いでいても、通常は尊敬されるような存在のはずなのに、結局はちんこのサイズで男の器も小さい人という評価が下ってしまって、劣等感を抱えることになるでしょう。

実際、50代60代のペニス増大サプリメントの購入者は、上記の理由で非常に多い割合を占めているのです。

通常時だけ小さいというのは嘘くさい言い訳にとられることも

亀頭オナニー

男の価値は金でも容姿でもなくちんこで決まる

女性目線だと、男の価値は、経済力や学歴、顔や身長やペニスの大きさなど大きく左右する項目があります。

それを満たしていれば女性の評価は当然あがります。

男性同士でも年収や顔、身長や喧嘩の強さなどが、多少女性とは違っても、その価値に優劣はつけられます。

年齢によって、男性の価値観は変化します。

ただ、ずっと変わらないのは、ちんこの大きさや剥けているかどうかで、それは、どの年代でも重要な基準になります。

ずっとちんこの小ささなどを隠し続けることができても、男性は心のどこかで、人と自分のペニスサイズや皮が被ってないかをチェックしあっているのです。

最低の基準を満たしていないなら、男性としての自信や余裕を持つことはできませんし、どこかで常に劣等感を抱えてしまいます。

たしかにペニス増大の手術は費用がかかり、恐怖もあり簡単に受け入れられません。

それでも40代50代の男性は手術を受け入れる層として多く、通常時のペニスを大きくするオペを受けるのは、すべて立場上の自信や尊厳の維持に必要になってくるのかもしれませんね。

器がでかいという男性特有の価値観は少なからず、ちんこのサイズと精神的、肉体的に起因しているようです。

中高年になってちんこが小さいのは恥ずかしいことだ

このページの先頭へ