先細りの皮余り・ドリルちんこは女性が最も嫌がる?

女性が好む基本的なペニスの形は、先細りでなく亀頭が大き目なカリ太のタイプ。決して皮余りの包茎ドリルちんこではないことは男性でもわかることでしょう。

しかし、平常時はそうでも膨張率が高く陰茎が勃起した時点で平均を超えるサイズなら特に問題はないと思います。

ドリルちんことは、男性の陰茎の先の皮があまり、縮こまってゴムで結んだようになっている状態です。

先細りをすぐに解消しなかったとしても、平常時に皮余りの状態と同性、異性に見られることが恥ずかしいということくらいでしょうか?

特に女性には平常時さえみられなければ、ドリルちんこであっても清潔なら嫌がれることはないと思います。



先細りの包茎だと汚れが溜まりやすく臭いがくさい?

男性のペニスが、平常時に先細りでドリルちんこという状態は、ほとんどの場合が皮余りの真性もしくは仮性包茎です。

それも勃起したときに剥けるならよいのですが、そうでないとカスが汚れとなって溜まったり、洗っていたとしても蒸れて臭いにおいがすることがあります。

口コミをみても、やはり不衛生なペニスを女性が一番嫌がるようです。

先細りやドリルちんこを今すぐ解消することはできなくても、皮余りについてはお風呂で人一倍丁寧に剥いてから洗浄、ケアをしないといけません。

もしも、勃起時も剥けることのない真性包茎や、カントン包茎の場合ですと、治療に保険が適用されますので手術を検討しても良いかもしれません。

ペニスが増大するためには、サプリメントやドリンクの服用など以上に、亀頭が常に出ていることが必要です。

仮性包茎の方は、平常時にドリルちんこで亀頭が出ていない場合は、デカマラを意識しつつ常に剥いておくようにします。

平常時の先細りやドリルちんこを見られるのは恥ずかしい

メタボや肥満体型の人に先細りやドリルちんこが多い理由とは

太っている肥満体型の人の方が、痩せている男性よりも圧倒時に先細りやドリルちんこの割合が高いようです。

皮余りの包茎に関していえば、メタボ体質でデブな体型、お腹が出た男性が統計的には多いと言えるようです。

包茎の原因として考えられるのは、下腹部の脂肪がペニスを圧迫し、どんどんめり込んでしまうことです。

そうなると当然、平常時に皮余りのドリルちんこになってしまうので、その状態が解消されない限りは、ずっと先細りのドリルちんこのままなのです。

もちろん、肥満体型の男性すべてのちんこが、先細りのドリルちんこや皮余りの包茎とは言い切れませんが、健康面でも太っていることのデメリットはかなり大きいのではないでしょうか。

肥満体型の男性にドリルちんこや皮余りの先細りが多い理由

お腹が出ていて肥満体型だと、裸になったときにペニスがお腹のお肉の陰になりペニスが縮こまって見づらいのも、メタボの肥満男性が、先細りやドリルちんこに見える原因のひとつではないでしょうか。

メタボな下腹部が大きく目立つことにより、ペニスのサイズは案外平均値だとしても、相対的に皮余りの小さなペニスに見えてしまうこともあるのです。

平常時は特に、根元からペニスがはっきりみえるわけではないので、太っているほど先細りで短小に見えるのは仕方がないことかもしれません。

もちろんドリちんの男性についても、太っていることで、特に健康的に害が出ていないのであれば問題はありません。

実際、勃起した時にしっかり剥けていれば、無理をして痩せることもペニス増大のための外科的手術を検討したり、シトルリンなどが配合されたサプリメントを服用するなどは特に考えなくてもよいでしょう。

動画などを見ているとわかりますが、太っている男性は、よりペニスが小さく見えてしまうということです。

デブの男性がドリルちんこで先細りというのは目の錯覚ではない

亀頭オナニー

先細りの治し方は?女性の理想の形とは違う?

女性の理想は実際、陰茎の長さというよりも、挿入したときに膣内の壁にあたって擦れる部分の大きさ、太さです。

簡単にいうと先細りではなく、カリ太であれば陰茎の長さはそこまで気にならないという声が多いようです。

もちろん、奥まで届くことが理想という女性もいますが、逆に長すぎると体位によっては痛いということもあるでしょう。

しかし、亀頭が大きい分には、周囲が広がり気持ちがいいというのは男性の想像とは違うかもしれません。

過去に一度でも大きな亀頭で押し広げられ、性感帯を陰茎で擦られた経験のある女性は、先細りのドリルちんこでは物足りなさをどうしても感じてしまうのではないでしょうか。

逆に言うと長さは体位などでなんとかカバーできたとしても、太さはそうもいかないのが現実なのです。

女性の理想は先細りではなくカリ太である

真性包茎・カントン包茎や先細りのドリルちんこは手術で治療も検討

先細りで注意が必要なのは、ドリルちんこでも仮性包茎でなく、真性包茎、もしくはカントン包茎で、亀頭を露出できない状態、勃起時も剥けることのない男性です。

この状態の人は出来る限り早く、包茎手術をすることをおすすめします。

このままでは痛みや炎症を引き起こす原因にもなりかねませんし、それだけでなく不衛生による病気の心配もあります。

ペニス増大のことよりも、先に包茎手術が必要な可能性が高いです。

皮余りで先細りでも、まずは勃起時に剥けるかどうかが重要なのです。

解消するにはクリニックや専門の病院で診察を受け、ベストな治療法をカウンセリングしてもらいましょう。

亀頭の増大手術でペニスの先細りを解消できます

特に真性包茎やカントン包茎ではなく、また仮性包茎で皮余りのドリルちんこでもなく、先細りで貧弱なペニスの男性も大勢います。

亀頭が小さいだけなのに、見た目の恰好がつかない原因の一つになるのです。

カリ部分が大きいと、セックスの際に有利でメリットも多く、陰茎の先細りよりも感度が異様に良くなるという女性も大勢います。

そう考えると、女性も先細りよりカリ太が良いという口コミが多いのではないでしょうか。

ある程度の年齢になると、生活を変えない限りはペニス増大サプリメントを飲んだところで先細りの亀頭が増大することはないと思われます。

そうすると、大きくする方法としては手術も考えれますが、そこまで気になる皮余りやドリルちんこでなければ、男性はテクニックを磨いた方が早く女性を喜ばせることができるのではないでしょうか。

勃起しても先細りだと陰茎が小さく見えてしまう

自慰の回数

アンケート結果

このページの先頭へ