自慰のときにイク寸前で射精を寸止めすると体に悪くて危険?

このページの記事

毎日のオナニーに慣れてしまうと、男性はどこからともなく1回目の自慰のイク直前に寸止めして射精を我慢すると2回目はもっと気持ち良くなる、という話を友達や兄弟から聞くことがあります。

自慰をしたことのない男性はかなり少ないと思いますが、先生のほとんどはマスターベーションについてのこのような都市伝説や噂を耳にします。

実際、自分でマスターベーションの時に無理やり射精を寸止めしてみるとわかります。

1度が限界で、2度目には我慢汁と呼ばれるカウパー液がでます。

また、年齢によって射精はしなくても寸止めしてイク感覚を味わうと勃起しなくなることもあります。

ペニス増大サプリのように、この記事もオナニーを毎日する男性にとっては射精でイクのを我慢するのは身体に悪いのか危険なのかは知っておきたい情報などは間違いありません。

オナニー時に射精を寸止めで我慢すると精液が逆流して危険になる?

男性のオナニー中に、無理やりイク直前で射精を我慢してしまうと危険というのは、逆行性射精という現象が起きるからです。

逆行性射精とは、陰茎から外に精液が出ないで身体の内側に戻ることです。

尿道に排出されたあとに膀胱臀部の閉鎖が起きてしまって、狭義の射精(律動的に体外に出した感覚)で終わってしまいます。

体内に戻った精液は膀胱内で体内に吸収されます。

身体に害がないとはいいますが、子供が欲しい男性にとっては問題です。

年齢によっては前立腺肥大や糖尿病など、逆行性射精と合併している可能性が高くなります。

若い世代がオナニーの際に、無理やり射精を我慢するのは、わざと頻尿や血尿になりやすい状態を頻繁に自分で行っていることになります。

直接の原因となるかわかりませんが、将来的には不妊の原因のひとつともなりかねないのです。

無理にマスターベーションで射精をしないで寸止めすつことは、男性性機能障害になる危険はないとしても体にメリットのある良いこととはいえません。

膣内射精障害や遅漏になってしまう原因のひとつで、間違ったオナニーの仕方があります。

自慰中に射精を寸止めして我慢すると尿道や睾丸に痛みがでることがあります

亀頭オナニー

自慰で男性が射精したかどうか、女性にはわかる?

家で彼氏や旦那がオナニーしたかどうか、男性が射精したかどうかが女性にわかるかは定かではありません。

ただし、長年一緒にいる妻や姉妹、母親はもしかすると様子が違うことにすぐ気付くかもしれません。

また、男性特有といえる射精した精液の臭いは思った以上に強く充満します。

精液の臭いを知っている女性は、オナニーした男性が射精したまま洗わずにいれば、すぐに気が付くかもしれません。

ゴミ箱にティッシュが残っていれば、独特な臭いで確実にわかるという口コミもあるくらいです。

トイレで射精をしたときに精液を拭いたティッシュを流し、オナニーの証拠を管べきに隠滅したとしても、顔つきや残り香でわかる女性もいるのです。

ただ、男性がマスターベーションをしたかが確実にわかっているかはわかりません。

それでも勘の鋭い女性の中には男性がオナニーしたかどうかや、射精をしたかを管理している人もいますので、ペニス増大サプリメントの服用と同じく、些細な変化でばれている可能性もあります。

射精を無理に我慢すると残量感の原因になります

男性がオナニーや性行為の際に射精を寸止めしてイクのを我慢すると、前立腺炎という病気になることがあります。

これは長時間座っていることで尿道や前立腺が圧迫されてなる病気で、トラックの運転手やドライバーなどの座り仕事の男性がなることがあります。

また、尿道に残った精液は出し切らないと、トイレで尿を出した時に思いもよらず四方に飛び散ってトイレを汚してしまうことがあります。

セックスや自慰をして射精をした次の日の朝に、トイレで尿を出そうとするとそのようなことが起きる場合が多々あります。

この対策としてはカウパー液が尿道から睾丸の間に残らないようにしっかりと根元から出し切ることです。

射精後に陰茎の根元から亀頭に向けて絞り出すようにすると尿道の間に詰まっている精液が出てきます。

オナニーの際はティッシュで拭きとる際に、この作業をしないと勃起が始まったあとに後から尿道に漏れて下着を汚してしまうことになりますので注意が必要です。

射精を我慢しすぎると前立腺炎や血尿の危険性も

オナニーで射精する平均の頻度。我慢はしてはいけないの?

性行為にしてもオナニーにしても男性が平均的に射精をすることは健康に良いという論文は数多くあります。

基本的には精巣の働きが鈍ったり、衰えないようにするために一定の期間で精液を体外に出すために射精をしなくてはなりません。

無理やりオナニーを我慢したり、健康のために禁止することは本来の男性のちんこの働きだけでなく、身体の本能の動きを鈍らせてしまいます。

思春期や20代から30代までの平均であれば、あまりに射精の回数や頻度を減らしたり、自慰を数日間我慢したりすると、寝ている間に射精をしてしまう夢精をすることがあります。

我慢すると確実に病気になることではありませんが、危険な精神的ストレスになったり、勉強や学業に集中できないのなら、精神的にも健康的にも良くないでしょう。

射精は1日に連続して何度も行うということでなければ、平均に定期的な頻度でしたら特に問題ありません。

射精の回数が多いのは身体に悪いか、良いか?

オナニーで射精をしすぎると禿るという説や、最終的に我慢をせずに過剰な頻度で射精を繰り返すと赤い玉が出て打ち止めとなってしまうという危険を唱える話もあります。

どれも医学的に検証されたデータに基づくものではないです。

日本だけでなく世界にも、自慰行為はマスターベーションとして、男女問わず恥ずかしいもの、我慢しないといけないものという一般的なイメージがあります。

射精を繰り返すことはどこか悪いことのような風潮のあるのです。

しかし、セックスの回数が夫婦の離婚率にも関係し、健康な男性は、射精の回数を平均的な人と比較してオナニーかセックスでの射精がかなり多いというデータもあります。

そんな意味でもペニス増大サプリメントの愛用者の中には射精感覚をアップさせるために毎日飲んでいるケースもあります。

毎日我慢せずに射精した方が健康に良い?

早漏や射精の働きに自律神経が作用する?

緊張したり不安定な精神状態だと副交感神経が鈍り射精に影響します

簡単に説明すると、副交感神経が安定していないとセックスですぐ射精してしまう早漏になったり、逆にまったく疲れていないのに勃起しないという状態になることもあります。

そういう意味では多少のアルコールが入ることでリラックスして自律神経が安定するということもいえます。

メンタル面が射精に大きく影響していることがわかると思います。

逆に言うと、いくら身体は元気でもメンタル部分が不安定だとセックスはうまくいかないということになります。

シトルリンが副交感神経によいのはセロトニンを増やす作用によるものですが、それは射精だけでなく質の高い睡眠や食事でもありますので日々の生活から改善していくように心がけると良いでしょう。

緊張すると射精ができなかったり早漏になることも

射精を我慢したりコントロールできるとセックス上手になる

男男性なら誰しも挿入した状態で女性をイカせたり、射精を我慢してコントロールし、ベストなタイミングで一緒にオーガズムに達することができればと思っています。

特に早漏の悩みを抱える人は、射精を我慢できず困っているのではないでしょうか。

射精を我慢してコントロールするために、セックスの最中にまったく違うことをイメージしたり、想像することで気を紛らわせる努力をする男性が大勢いると思います。

どういった方法が効果的なやり方かは人それぞれですが、やはり自慰の際にも寸止めをするトレーニングをすると良いでしょう。

自分自身の限界を知ることで、女性との性行為の際にコントロールしやすくなります。

これ以上は無理というところだけでなく、射精の予兆でピストンを緩めるような調節が大事になってきます。

早漏で悩んでいる男性にとっては、極度の緊張やプレッシャーが影響している場合もあるので、アルコールを飲んだり、気持ちをリラックスさせるお香やアロマを用意することもひとつの方法です。

どれだけ我慢してもカウパー液が尿道から漏れる

しかし、注意が必要なのはコンドームを装着していないと、膣内射精をしなくても我慢している状態で分泌されるカウパー液で妊娠することもあるということです。

いくら射精を我慢しても、コントロールがうまくいっても避妊具はしっかり装着しないといけません。

コントロールしてもカウパー液は出ています

オ長期間のオナ禁で射精を我慢し続けるとモテるの?

残念ながら、男性がオナ禁をして1週間、2週間射精を我慢したからといってモテるようにはなりません。

マスターベーションをすることにより、男性ホルモンやドーパミンの元となるテストステロンが増えるという話はあります。

脳に指令を送るセロトニンやテストステロンの分泌増加によるメリットはありますが、それがモテるということにはつながりません。

オナ禁は抜け毛やニキビに良いという効果があるという声もあります。

しかし、オナ禁で射精を我慢したことによるストレスや負荷は果たして精神的や肉体的に良いのでしょうか?

オナ禁や無理をして射精を我慢すれば

仮に夢精をするくらいの状態までオナ禁をしてしまったことにより、男性ホルモンのバランスが崩れてしまうのではないでしょうか。

毎日のように射精していた男性が急に射精を我慢することによって生活のリズムは大きく変化するでしょう。

良くも悪くも食欲や睡眠時間などに影響を与えてしまうのではないでしょうか。

結果的につらいと思ったりイライラしたりというようなストレスを抱えてまで射精を我慢したところでモテるようになることはありません。

ドーパミンはオナ禁で増えるのか?

射精を我慢する影響は?勉強が手につかない?

特に思春期から20代、30代前半までの男性は射精を我慢し続けることの影響で、仕事や盤今日に身が入らないという声をききます。

受験勉強などに集中したいのに、つい自慰をしたくなります。

すっきりした方が勉強に集中できるというタイプと、我慢できずに射精した影響で体力がなくなり、やる気も落ちるタイプの人もいます。

どちらが集中できるかは自分でコントロールする必要がありますが、そこまでネガティブに考える必要はないでしょう。

それは健康な若い男性にとっては自然で当たり前のことだからです。

自慰で射精が我慢できずに勉強や仕事に影響があることは誰にでも起こることなのです。

そんな部分を乗り越えて成長していくものですから。

我慢をしすぎるのは精神的によくないですから、たまにはリラックスできるご褒美時間も必要かと思います。

勉強や集中力の射精の影響は?

射精の回数が多いと早く老化する?

自慰をたくさんしても精子はちゃんと作られます

都市伝説のような信憑性の低い情報として、自慰で射精をたくさんすると、その分早く体力が落ちて老化してしまうという噂があり、腎虚という言葉も漢方の世界ではあります。

しかし、それは医学的に実証されているわけではありませんので、特に気にしなくても良いでしょう。

気にすることで無理に自慰の回数を抑えたりする方が、逆に男性の健康ということではメリットになりません。

医師によっては老化を抑制するためにセックスや自慰をすすめているケースもありますから。

男性の機能としては射精をすることはセックスも自慰も変わりませんので、セックスレスの夫婦であっても体力の衰えが気になるようでしたらオナニーをすると良いでしょう。

射精をしないと逆に老けてしまう?

射精した時に赤い玉が出てきたら打ち止め?

赤い玉の話は漫画や映画での話です

もしかすると過去に何かしらの病気をした男性がオーガズムで射精した際に血が混ざっていたことがこの赤い玉のいわれです。

オナニーの回数が多いと、いつか結婚したときに子供を作る前の精子を作ることができなくなるのではと心配する人もいるのではないでしょうか。

あくまでも赤い玉は作り話のなかのことです。

ただし、万が一射精をしたさいに血が出たり、痛みがあるときにすぐに病院に行くようにしましょう。

都市伝説の赤い玉のようなことになってしまっては仕方がありません。

特に中高年男性は何かしらの病気や身体の不具合のサイン化もしれませんので注意しましょう。

赤い玉が射精で出たらもうおしまい?どうなるの?

アンケート結果

このページの先頭へ