グライバル ペニス増大サプリ

グライバルの成分60種に絞った増大サプリ効果【巨根特化】

グライバル

グライバルの基本的な構造が3種が目的を持って集中作用するものである。これは3タイプにとっては最も効果的であり、効果力に期待できる。その構造を裏付けるのが成分です。構成や成分数など解析してみました。

グライバルの成分構成

  • 増大体質を構成するアミノ酸
  • 増大力・精力特化の動物系
  • 増大力・精力特化の植物系
  • 健康力、安全性特化の植物系
  • 豊富なビタミン、ミネラル

で構成され、成分種は約60種

グライバルの60種成分がもたらす効力

グライバルの60種成分がもたらす効力
グライバルの公式宣伝ページから読み取れる成分の役割は

  1. ペニス増大に必須成分を世界中から厳選
  2. その成分の効力を最大限高める為、年齢や体質も考慮し
  3. 3タイプへ60種に絞って超濃縮配合

それによって体内では最高クラスの相乗作用力を起こし、増大力や勃起力、即効性、健康効果(サブ効果)、実感力などの「効果力」をアップさせている。

ポイントは

  • 成分質を高めている
  • 年齢や体質を考慮している
  • 60種に絞っている
  • 超濃縮配合

成分質と超濃縮配合に関しては「最新」という事から、質や技術が向上している事を考えれば納得できる。
年齢や体質を考慮という点は、推測だが体質形成のアミノ酸や健康成分を万人向きにしているというところ。

そして重要だと思ったのが、60種に「絞った」という言い回し。
これは3タイプ+100種系の性能に「あえてしなかった」、
絞った方が、結果的に「万人への巨根に効果的」だったと解釈できないか。

グライバルは、必要な成分を絞って質量を上げた方が、配合・製法する上で、または体内に3つが服用された時には 効果的だと判断したんじゃないか。

いずれにせよ100種系の事を全く無視して作ってないのであれば、期待値はかなりでかい。

年々ペニス増大サプリは進化していて、どんどん高性能なものが登場していますが、この業界が目指しているのは、ボルギア3、今回のグライバルもそうであったように、年齢やその人の体で差がつくことなく、万人に効果がでるような「個人差」を埋める方向に向かっていると思われる。年齢への左右、万人への効果をかなり意識している。
技術がそこまで追いついてきているということだろう。

ペニス増大サプリの効果を出す為に必須と言われる成分構成

2タイプが世に広まって、1タイプの時代より格段に効果が高まったことから、現在までペニス増大に必須と言われる成分構成は、アミノ酸、動物系、植物系、ビタミン・ミネラルと言われている。

  • アミノ酸
    シトルリンやアルギニンは精力効果があるものの、その他、トリプトファンやロイシン、イソロイシン、バリンなどペニス増大サプリに含まれるアミノ酸は健康的な効果が多く、あくまで
    「巨根になりやすい体質に改善する」
    といった解釈になる。
  • 動物系成分
    すっぽん、クジラ、トナカイ、蛇系、馬や豚睾丸など血流作用しやすく精力効果が高い
    安全度は落ちる為、カバー・緩和する安全度の高い成分が必要となる。
  • 植物系成分
    マカやトンカットアリ、ムイラプアマ、ボロホなどの精力効果がある成分
    ロディオラやニームリーフ、ウコン、ガシュツなどの健康的な効果がある成分がある。
    精力効果は動物系成分より低いが、安全度が高く必須となる。
  • ビタミン、ミネラル
    サプリ自体を毎日続けていく上で、効果や安全度、体質の維持になくてはならない。

↑これらの系統のどれが欠けていてもダメと言われ、効率良くペニス増大するにはどれも必要不可欠と言われている。
60種を超す増大サプリであれば基本的にどれも配合されてる。

成分自体の質、配合技術、製法も効果に影響することは間違いないので、「最新の方が良い」「古いものはダメ」と評価されているわけです。
増大サプリの歴史が10年以上あるので、考えてみても技術に差があって当然です。

それから精力成分だけでいいんじゃないか?と思うかもしれないが、逆に昔はそういった商品ばかりだった。
精力系成分だけに絞ると安全性が極度に下がるのはもちろんのこと、結局、勃起にしか影響しない
しかも、作り手も一応安全を考えて作ってるので効果力も弱いというモノが多かった。

やはりアミノ酸や健康を向上させる成分で体質自体も「巨根向け」にしていかなければならない、というわけです。
なので成分構成のバランス(組合せ)も重要視されている。

これによって増大構造の実現度、効果力など左右される。

ペニス増大サプリの成分数について

成分数は基本的には多い方が良いと言われ、特に60種以上がハイ性能サプリの条件でもある。
なぜ多い方が良いのかは

  • 60種以上であれば、アミノ酸、動物、植物、ビタミン・ミネラルなど増大に必須の成分が確実に網羅されている
  • 体内での相乗作用力が高くなり、効力や即効力などがアップ
  • 増大や精力以外の健康的効果の効力が高い、成分数が多ければ色んな効果に期待できる
  • 安全性が高い

とされている。
1タイプや2タイプだと各種成分が微量になり、効率が悪くなるケースがある。
3タイプであれば増大・精力効果だけでなく他の効果も十分発揮できる。

グライバルのような3タイプで60種に絞ったものとボルギア3のような同タイプ100種超えを対比した時、60種でも必要なものを網羅してるなら、絞って各成分量が多くなる60種の方がいいのではないか?
という意見もあれば、
最終的に効果力や即効性を決める相乗作用力が成分数が多い方が高くなるので、100種系の方が効果力が高い
という意見もあり議論に決着はついていない。

健康など全ての効果力で言うと100種系の方が高いが、増大や精力のみの効果力は絞った60種の方が上と解釈するのが一番いいだろう。

「高齢者への効果」を考えた場合、安全性や健康効果も成分数が多い方が高いことから100種系が推されているが、質量や配合技術の高い「最新」の絞った60種であれば、健康成分自体の効果力はそれ以上とも言われている。

それだけ「最新」には価値があることは知っておくべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました