グライバル ペニス増大サプリ

オナニーのし過ぎで短小!ペニス増大の為の正しいやり方【改善】

ペニス増大方法

オナニーのし過ぎはペニスが成長しなくなる(短小)、早漏になる、中折れ、8割勃起(硬くない)という意見が多い。ペニス自体の機能が弱くなるという事だ。
では何が原因なのか。それはオナニーの仕方にあった。

短小やED、早漏の人に多いオナニーの仕方

悪影響なオナニーの仕方
短小や早漏の人の多くはオナニーの仕方で共通点があった。

  • ほぼ毎日やる。
  • オナニー開始からイクまでの時間がいつも同じ。
  • オナニーする時間帯がいつも同じ
  • 上下する手のスピードなどオナニーの仕方がいつも同じ。
  • イった時の快感がいつも同じ。
  • 精子の量、濃度がいつもと同じ。
  • 中途半端にイってしまう事がある。
  • いつもと同じネタ、ジャンル。
  • 必ず寸止めする。
  • 体が疲れている時でもオナニーする。
  • 風俗やセックス等、やった後にもう一度する。

このような共通点があり、かなり的をえていると思う。

マンネリしたオナニーこそが1番の悪影響

マンネリしたオナニーこそが1番の悪影響

「いつもと同じ」というのが重要なポイントで、マンネリしたオナニーが悪影響を及ぼすのだ。
毎日したり、同じネタだったり、フィニッシュまでの時間が同じという事は「義務化」してる部分があり、そもそも興奮しておらず、ちゃんとした快感が得られていない

するとイク事だけ義務化し早漏に陥りやすく、脳から血流を伝達する機能も低下し、ペニス成長の妨げや勃起の硬さも十分にならずフニャチンや中折れの原因になったりする。

そしてこの中で最も危険なのは「必ず寸止め」をする、ということ。これだけは我々が得た情報の中で早漏、短小者全員が一致していた。
寸止めは早漏が治るとか間違った情報が多いが、寸止めこそが「快感のマンネリ」を引き起こし、ペニスの機能を低下させる最もな原因。
寸止めを何回もやっていると、同じ快感に脳が慣れてしまう。本来の快感は射精した後にも訪れる為、低レベルな弱い刺激の快感に慣れてしまうということ。すると刺激に敏感になり早漏に陥るという訳だ。また脳から良質な血流がペニスに届かない為、短小の原因となったり、8割勃起や中折れなどペニスの機能も低下してしまう。

正しいオナニーとは

正しいオナニーとは

では回避・改善して行く為、どのようなオナニーをしていくべきかまとめてみた。

  • 週1-2にする。(我慢し過ぎるのも悪影響)
  • 一定の上下の運動ではなくゆっくりやったりする。
  • なるべく寸止めせず、潔くフィニッシュ。
  • なるべくネタ、ジャンルを変える。
  • オナホールを使用したりいつもと違う刺激を与える。
  • 想像だけで勃起する練習をする。

当然オナ禁という事にはなってくるのだが、1か月とか極端なのは逆に良くない。そこまでいくと快感自体を忘れてしまい早漏になってしまう。
毎日やっていた者は週1-2のオナニー時に刺激が強いと思うかもしれないが、スピードを速く・一定にしないのがコツ。マッサージ感覚でやれば血流もペニス送られやすい
フィニッシュは1-2度は寸止めするのも仕方ないが、なるべくせずに潔くイク事で本来の快感を得る。また同じ快感に慣れない為に、オナホールといった小道具も有効的。そして、ネタやジャンルを変える事も重要。嫌かもしれないが、新たな発見が極度に興奮度が増す為、血流量をアップさせるには有効なのだ。

想像だけで勃起させるイメトレ

想像だけで勃起させるイメトレ

正しいオナニーの最後に書いた「想像だけで勃起」通称イメトレは、多くのペニス増大ユーザーがやっており、メリットが多くある。
まずやり方はそのまま。手を一切使わず想像だけで勃起させるだけ。これがかなり難しい。メリットは想像力、集中力の上昇はもちろん、脳からの指令でペニスに血流を送り込む際に量やスピード、質が向上する。8割勃起回避、中折れ対策にもなる。極めれば射精を自由自在にコントロールする事も可能。
風呂でやれば血流が循環してるので効果的です。

ペニス増大サプリで対策効率・効果アップ

ペニス増大サプリで対策効率・効果アップ

オナニーによって弱ってしまったペニス・性機能を回復させるのに、これまで書いたオナニー改善の他により効率を上げるがペニス増大サプリ
通常増大サプリには短小・ED・早漏などに効果的な成分がたくさん入っているが、なんでも効くわけではなく性能が高い増大サプリが効果的と言われている。
特に成分数が多く配合だされたものは脳や神経に作用する部分にも強く、また弱った精基盤を修復するのに特化している。つまり、オナニーのやり過ぎで勃起やペニス成長に悪影響となった場合に効果的ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました